少しずつ、を何度でも。

 

 特定非営利活動法人ReBitはLGBT問題を切り口として「互いの違いを受け入れあえる社会」を次世代に創出することを目指し、2009年12月に学生団体として設立、現在は大学生を中心に若者世代約300名が活動するNPO法人です(代表理事藥師実芳、2014年3月認可)。

 団体名には「少しずつ」を「何度でも」繰り返すことにより、少しでも社会が前進してほしいとの願いが込められています。

 「LGBT問題」は未だLGBTの人(セクシュアルマイノリティ)のみが《当事者》とされています。しかし、現状ではLGBTに関する基本的な知識が提供される機会やLGBTの人が身近に居るという意識が醸成される機会は少なく、そのためLGBTの人・LGBTでない人の相互理解を難しくしています。この現状を創り出している上では、LGBTの人もLGBTでない人も紛れもない《当事者》である、という理念の下、団体内ではセクシュアルマイノリティとセクシュアルマジョリティが共に双方の視点や発言を重視し活動しています。

 これらの想いの下に、子ども向け、保護者向け、教職員向けなど、小学校~大学、教育委員会などへの出張授業、企業と提携したセミナーなどを開催。これまでに全国の各種学校・教育委員会等で、生徒・教職員等を対象に、約200回、2万人以上に向け授業・研修を開催してきました。

 神奈川県教育委員会、横浜市男女共同参画協同事業などへの講師派遣、参画。14年度東京レインボーウィーク実行委員。2011年度より全国8カ所で「LGBT成人式」を実施(世田谷区・世田谷区教育委員会の後援)、2013年度より「LGBT就活」(就活生支援事業)実施。

団体名:特定非営利活動法ReBit(http://rebitlgbt.org)

設立:2009年12月

代表理事:藥師実芳

所在地:〒162-0052

東京都新宿区戸山1-1-5

エールプラザ戸山301号室